新着情報

アパレル検品について

アパレル検品とは、服装に仕分け、検品、キッピング、梱包、タグ付け等の工程を行う作業です。

一般的には、検品会社に服装を運んで、検品会社の従業員がその服装に抜き取り検査を行います(各色、各サイズの10%が普通です)。不良品数が検品数の三割になった場合、不良品を工場に返品して修理してもらいます。合格した商品は次の検品ステップに進みます。なお、不良品が修理しても直らない場合、廃棄処分となります。

なぜアパレル検品がそれほど厳しいのでしょうか。それは、電気ミシンで作った服は、針が洋服の中のままの可能性があります。検針しないと、折れた針が人の体に刺してしまう可能性が高いからです。

中国国内のアパレルメーカーの取引先は主に日本、欧米、オーストラリア、韓国です。我社は世界で一番製品品質に厳しいと言われる日本市場での展開をする企業として、開発段階から日本のお客様の視点をとり、素晴らしい顧客サービスと高品質な製品を提供していきたいです。