新着情報

商検の内容

商検は国際貿易の発展に生まれたものです。「商検法」によると、輸出入商品の検験は、商品の品質、企画、数量、包装及び安全であるかどうか、衛生要求を含めます。検験の根拠は主に売買契約に規定された条項を基準としています。

商検の範囲:

1.「種類表」に計上された輸出入商品に検験します。

2.輸出食品に衛生の検験をします。

3.輸出危険物包装容器の性能鑑定と使用鑑定をします。

4.輸出腐敗変質がち·冷凍品の船室·コンテナ等を積み出す積載道具に負荷検査をします。

5.国際条約に規定された、商検機構に検験すべき輸出入商品に検験をします。

6.ほかの法律や行政法規に規定された、商検機構に検験すべき輸出入商品に検験をします。

輸出入商品検験の内容:

Ⅰ.検査申告の受取

検査申告とは、対外貿易係が商検機構に検験を申し込むことであります。申告するときには、「検査申告書」を記入する必要があります。同時に、対外売買契約書や成約見本等の書類も提出しなければなりません。

Ⅱ.サンプリング

商検機構が検査申告を受け取りましたら、直に貨物保管所へ人員を派遣してその場で検験と鑑定を行います。見本を抜き取るとき、規定された方法と一定の割合で、貨物の違う部分で決まった数の、あらゆる貨物の品質を代表できる見本を抽出すべきです。

Ⅲ.検験

商検機構が検査申告を受け取った後、申告の項目を研究し、検験する内容を確認して、契約書に品質や規格や包装の規定を審査し、検験の根拠を明確してから、検験の基準と方法を確定した上で、サンプリング検験を行います。この検験は機器分析検査、物理検査、官能検査、微生物検査等を含みます。

Ⅳ.証明書の発行

輸出に関しては、「種類表」に計上された商品は、商検合格したら通関許可書を発行します。或は、「輸出貨物通関申告書」に捺印して通関許可書の代わりを務めます。