新着情報

抜き取り検査について

抜き取り検査、別称「サンプリング調査」で、1ロットの製品の中からランダムで少量な見本を抽出して検査を行い、その製品が合格であるかどうかを判断する統計方法と理論であります。

抜き取り検査は、ランダムサンプリング、系統サンプリング、層別サンプリングの三つの方法があります。

ランダムサンプリング:

簡単な無作為のサンプリングで、いくつかの製品が全部でN件あり、もしその中から自由に製品n件を抽出する確率は同じだとすれば、この方法はランダムサンプリングであります。ランダムサンプリングするとき、意識的に良いや悪い製品とか、便利で引きやすいや上辺の製品とかを選ぶわけにはいけません。

系統サンプリング:

一定な時間や番号毎に行い、毎回時間間隔や番号を一定する製品の中から自由に一つかいくつかの見本を抽出する方法がシステムサンプリングであります。この方法は主に全体の適切な数量を確定できない場合に用います。

層別サンプリング:

種類が別々な製品は異なる加工設備、操作者、操作方法を持つときの品質を評価するための抽出方法であります。ロット毎に査収するサンプリング調査の案は品質管理で一番よく見られる方法であります。

そのほか、種類で分けると、抜き取り検査は計数抜き取り検査と計量抜き取り検査があります。型で分けると、抜き取り検査は基準型、選別型、調整型、連続生産型を分けられまあす。