新着情報

仕入れ先の開拓

仕入れ先

経済の発展と共に小売商人や問屋はますます増えてきました。彼らにとって、良い仕入れ先を探すことはまず最優先にするでしょう。では、仕入れ先の良し悪しをどうやって判断すべきでしょうか。

まず、商品力を確かめることです。商品力とは、商品の品質や魅力だけではなく、商標やラベル、外観、包装、価格などの商品に関する要素が持つ「総合力」です。

そして、販売と納品状況を詳しく調べておくことです。例えば、客観的で公正な取引条件を持っているかどうか、全面的な商品や市場等の情報を提供できるかどうか、納品に関して確実で迅速であるかどうか、また担当者の業務能力が優れているかどうかなどがあります。それらを慎重に調査してから取引を続くかどうかを決めるのが一番です。

最後、経営姿勢をよく見て考えてから決めることです。取引先の経営理念や、経営状況とこの先の成長性や、世間での評価の高さ等をきちんと把握する必要があります。

質の高い仕入れ先を持つことは、強い後ろ盾を持つことであります。ですから、この一歩はとても大事です。慎重にやらなければなりません。