新着情報

小口輸入における仕入れ先の選定

現代社会では、消費者による需要はますます多様化になっています。それと同時に、国際貿易が簡単になってきています。それに、経済や科学の急速な発展で、国際物流も迅速に進んでいる為、海外に進出する企業と個人で起業しようとする人が増えてきています。特に、小口輸入が多くなっています。

小口輸入をしたいなら、仕入れルートが一番大事です。では、仕入先の選定について最も注意すべきことを以下五点にまとめてみました。

1. 日本の法律で輸入禁止とされる商品を調べておくこと。

2. 商品の人気度や販売環境などについて市場調査をすること。

3. 国内外のインターネットを利用し、商品の品質や価格など詳しく調べること。

4. (余裕があれば、)国内外の展示会を見に行くこと。

5. 品質よってのクレームをつけられる可能性が高いから、並行輸入を気軽にしないこと。

以上五点以外まだ注意すべきことがたくさんあるので、国際貿易を始めたいなら、小口輸入でも大量輸入でもよく考えて事前準備をするのが一番大切です。