新着情報

中国輸出貿易の流れ

中国では、輸出は見積、発注、支払方式、仕入、包装、通関手続、船積、運送保険、船荷証券、決済という流れを進めなければなりません。

  • 見積

国際貿易は普通製品の引合、見積から貿易を始めるのです。その見積の主な内容は、製品の品質レベル、製品の規格型番、特殊な包装要求があるかどうか、製品数、納入期間、運送方式、製品の材料等を含んでいます。

  • 発注

貿易双方がオファーに関して異議がなければ、買い手企業が商品を正式的に注文してからに売り手企業と関連事項を話し合い、両方も認めたあと、「買付契約」を締結する必要があります。

  • 支払方式

常用している国際支払方式は三種類あります。それは、信用状決済方式、TT支払方式、直接支払方式であります。

  • 仕入

仕入れには付き合わせなければならない内容が以下のとおり:

  • 貨物の品質、規格が契約通りであること。
  • 貨物数量が契約と信用状の要求に応じること。
  • 仕入期間が信用状によって、船便を合わせて手配すること。
  • 包装

異なる包装形式がその要求も違います。

  • 一般輸出包装基準:貿易輸出共通の基準で包装する。
  • 特殊輸出包装基準:取引先の特殊な要求に応じて包装する
  • 貨物の包装と荷印(運送マーク):信用状通りきちんと確かめる。
  • 通関手続
  • 法定検査の輸出商品が必須の輸出商品検査証明書

目前、中国輸出入商品検査の業務は、検査申告の受付、抜き取り、検査、証明書の発行が含まれています。

2.通関証明書を持つ専門職員が箱単、送り状、通関依頼書、輸出決済帳消し状、輸出貨物の契約副本、輸出商品検査証明書等の書類を持って、通関で通関手続を取り扱わなければなりません。