自動車パーツ生産

現在、中国における新車販売台数は世界一である。

 

中国は高度経済発展の段階において、「世界の工場」として労働資源、原材料価格、地理条件を中心にあらゆる方面にわたって優勢を誇っており、それらの利点を価格の安さに反映することに成功した。初期段階においては、これらのアドバンテージが国内における雇用や経済の促進、外国資本からの有利な条件を引き出すことに効果を発揮した。

 

WTO加盟後の10年間、中国国内の自動車工業は急速に発展し、自動車工業の発展の持続を背景に自動車部品業界への需要も年々拡大し、2005年から2010年にかけて、自動車部品業界の販売収益も継続して増加傾向を保っている。

 

2008 年の世界経済危機の影響により一度は成長が鈍くなったものの、2009 年から状況は改善しており、2010 年には再度大幅な収益増加、成長率上昇がみられ、その増収幅は 44.21%を記録した。

 

販売数の増長と共に自動車部品の質も大幅に増長していた。最新技術を使い、海外が希望した品質に応えられる工場が増えてきました。

 

自動車パーツ生産

 

自動車パーツ生産ご希望の方は、お問い合わせフォームにてご相談ください。