建築金物生産

建築金物とは、建築で使われる金属製の部材のうち、建物の構造部分や屋根、配管設備などで使用されるもの以外をいう。鉄製やステンレス製のちょうつがい、くぎ、取っ手や掛け金などがその代表例。

 

手すりや防護柵などに用いるステンレスパイプ、床を支えるための部材、外壁の換気口、側溝用のふた、カーテンレール、吊り金具など、建築金物の種類は多岐にわたるのが特徴である。エントランスを飾る郵便受けや室名札、天井や壁にとりつける物干しも、建築金物に含まれる。中国には6000社近くの建築金物工場を持っている。

 

金物の生産量で見れば、強国とも言えるだろう。中国には6000社近くの建築金物工場を持っている。金物の生産量で見れば、強国とも言えるでしょう。中国での工場設立を行うなどにより、海外からの仕入れを増加している、現状、中国へ生産委託している業者は少なくない。歴史から見ると、世界の金物製造業中心は欧米から日本、台灣、インドなど、そして日本、台湾、インドから中国に移転していた。多くの投資家が中国の長江デルタ、珠江デルタなど沿海地域で金物工場を立ち上げ、輸出貿易を中心に事業始めた。

 

特に日本やアメリカへの輸出が多い。自社金物工場をもっているため、生産コストを大幅に削減できる。

 

建築金物生産

建築金物生産

 

 

金物生産ご希望の方は、お問い合わせフォームにてご相談ください。